社会貢献

日建総業ではさまざまな社会貢献を行い弊社の思いを社会に還元させております。

ダイバーシティ・パーク

年齢、性別、国籍、障がいの有無や価値観などの違いを超えて

様々なバックグラウンドの人たちを応援している日建総業は、その活動の一環としてダイバーシティ(お互いの違い)をたたえ楽しむイベント「ダイバーシティ・パーク」を主催しております。人々の違いは個性でありお互いの違いを認知・理解し合い、ともに尊重し共生できる社会づくりをすることをモットーに年1回新宿中央公園で開催しております。

「ダイバーシティ・パーク」は、様々な立場や考え方をもつ人々が集まり、障がい者スポーツを楽しみながら、お互いの“個性”を理解し共存していくためのきっかけ作りとして開催されるイベントです。本イベントは2016年10月、新宿中央公園にて第1回が開催され、本年度はそれに続く第2回としてさまざまな方面からご期待を寄せられています。

スポーツ選手支援

日建総業はアスリート達が競技に専念できるように、さまざまな支援をしております。アスリートとのスポンサー契約や社員として雇用することで遠征費用などの負担軽減をサポートしております。アスリート達が人々を感動させるような活躍ができるように、今後も支援を続けて参ります。

日建総業は、スキー・水落亮太選手、ブラインドサッカー・加藤健人選手、アルペンスキー・清澤恵美子選手などのアスリート達の挑戦を応援しています。

※2016年まで支援していた瀧澤宏臣選手は日建総業の一員となりTRAC事業を通じスポーツ選手を幅広く支援しております。